記事の寄稿募集

当ブログ「愛媛カメラ係」でブログ記事の寄稿を募集します。

書いてくださる方がいるのか?どうかはわかりません。

期待していますのでよろしくお願いします。

寄稿と寄稿を募集する理由

ブログ記事の寄稿

きこう【寄稿】《名・ス他》原稿を新聞や雑誌にのせるように送ること、またその原稿。

毎週末、愛媛や四国の写真撮影スポットに出かけ、当ブログで紹介していますが、体は一つ。

行けない場所があったり、記事の書く時間が限られていたり・・・

そこで愛媛県・香川県・徳島県・高知県でカメラ撮影を行なっているアマチュアカメラマンの方で、撮影した写真を元に記事を書いてくれる方を募集したいと考えるようになりました。

このブログコンセプトの一つはカメラ・写真を通して四国(愛媛・香川・徳島・高知)に来てもらいたい。

また四国に来た時には有名な観光地だけでなく、こんな場所があるということを紹介したいんです。

『北海道』『東北地方』『関東地方』『中部地方』『関西地方』『中国地方』『九州地方』と地域別に区分した時、『四国』は経済的・地理的に非常に弱いんです。

明石海峡大橋(鳴門大橋)(神戸淡路鳴門自動車道)・瀬戸大橋(瀬戸自動車道)・しまなみ海道(西瀬戸自動車道)と本州と四国を結ぶ橋が3つもかかっていますが、通行料金がかかります。

当然ですけど(^_^;)。

物価価格や給与面、そして人的な部分で他の地域と比べるとどうしても弱いんですよね。

そんな地域を少しでも活性化させたい!

と偉そうなことを考えています。

その代表例が香川県三豊市の『日本のウユニ塩湖』と称される父母が浜

三豊市が主催する写真コンテストに投稿された一枚の写真がきっかけで、今では「インスタ映えスポット」として全国各地から大勢の人が押し寄せる人気観光スポットになりました。

三豊市観光交流局

『浜辺にて』という写真に目をつけた三豊市の職員が『日本のウユニ塩湖』という触れ込みで紹介、瞬く間にインスタ映えスポットとなり、大勢の人が押しかけるようになったそうです。

令和最初のゴールデンウィークには一日4,000〜5,000人の人でごった返したそうです。

そんな場所を香川県だけでなく愛媛や徳島、高知でも見つけたい。
そしてこのブログで紹介したいんです。

もちろん道後温泉や大歩危・小歩危など元々ある観光名所の素晴らしさも紹介できればと考えています。

寄稿するメリット

寄稿する方にとってのメリットは以下のとおり。

  • 写真に提供してくれた方の透かし(ウォーターマーク)を入れて宣伝が可能
  • SNS(インスタやツイッター)運営者なら新規フォロワーが増える可能性も
  • 少額ですが謝礼をお支払いします

寄稿頂いた記事にSNSアカウントやブログURLを貼り付けます。

もちろん完全匿名で書くのもOKです。

少額ですが報酬もお支払いします。

メールやDMでお話しさせてもらいます。

書いてもらいたい内容(テーマ)

しまなみ海道 夜景

四国の撮影スポット紹介記事

愛媛県だけでもかなりの撮影スポットがあります。

先ほどの説明の通り、数が多すぎて全部行けません。

  • 四国のこの場所を紹介したいという場所
  • 四国に来たら、ぜひこの場所に行ってほしい!

というところの記事を書いてほしいんです。

朝陽が眩しい風景、美しい天の川、神社仏閣からお花畑や特徴のある建物などでも構いません。

必ずしも観光・旅行スポットである必要はありません。

当ブログですでに紹介している場所で撮影した写真記事もOKです。

撮影する時間帯や季節が違えばそれだけで違う記事になります。

また写真も人それぞれ。
見方が変われば当ブログに訪問してくれた方にとっても有益になると考えています。

カメラやレンズ、その他カメラに関する機材などのレビュー記事

マニアックでも初心者向けでもわかりやすく書いていただければ非常に助かります。

他、こんな記事が書きたいがあれば相談してみてください。

その他、四国に来たらぜひ食べてほしいスイーツや食べ物などでも大丈夫です。

要相談ですけどね。

こんな人を募集したい

単発で記事を書いてみたい人

  • 自分だけが知る四国(愛媛・香川・徳島・高知)の風景や場所などを知ってもらいたい人
  • 四国(愛媛・香川・徳島・高知)旅行した時に訪問した場所を紹介したい人
  • 自分の写真をその多大勢に見てもらいたい人
  • 自分のカメラやレンズを熱く語りたい人ブログをやっているけどたまには他所のブログで書いてみたい人

一応勤め人(サラリーマン)なので返信が少し遅れる場合があります。

何卒ご了承ください。

一応毎日メールチェックなどは行っています。

寄稿に関するブログ運営がはじめて。

よくわからない部分があります。

何卒ご了承ください(^_^;)。

ブログ執筆経験者さんならワードプレスの寄稿者に登録します。

未経験者さんの場合は、文章と写真を送って頂ければ、こちらで配置して記事を作成しますよ。

撮影記事の紹介について

空の散歩道から道後温泉本館を撮影

以下のことについて書いていただければ嬉しいです。

  • 撮影場所(地図)
  • 車の置き場所
  • 公共交通機関
  • 周りの雰囲気
  • 何が見れるのか?
  • どんな風景なのか?
  • 誰得なのか?
  • どんな場所から撮影しているのか?
  • カメラの設定は?
  • 使用しているレンズ
  • 一人で行けるのか?子供も連れて行ける場所なのか?

など。

はじめて訪れる人に優しい記事になっているのか考えていただけると嬉しいです。

寄稿に関する注意点

  • 必要以上にネガティブな表現やキツイ表現、人や物を攻撃する内容
  • パクリ記事や他人様が撮影した画像を使う記事
  • 当ブログの記事にそぐわない記事
  • 運営者の僕が「コレはダメです」と思う内容

などその時々で判断させてもらいます。

日記ではなく紹介記事にしてもらいたいので、その点も注意していただきたいですね。

募集要項

  • 文字数は1,000文字以上であること
  • デジタルカメラ・一眼レフカメラを使用すること
  • カメラの設定(F値・シャッタースピード・ISO)を表記
  • 年齢や性別は不問
  • 匿名・本名どちらでもOK

iPhoneやスマートフォンのみの寄稿はNG。

デジタルカメラとの組み合わせでお願いします。

あくまでも当サイトは『カメラに特化したブログ』。

ここだけはおさえてもらいたいです。

不安であれば校正・編集もお手伝いします

校正・編集は喜んで受け付けます。

そのぶん謝礼が多少変動します。

そして記事内容、差し込む写真(自分で撮影した写真に限る)など、必要な素材は揃えてください。

撮影地の場所(グーグル地図にピンが打てないなら緯度経度を調べるとか、スクショして丸印つけて送るとか)

『注意点』の項でも書きましたが、最低限の文字数は守っていただく必要があります。

「日記」ではなく「説明」だということをご理解ください。

寄稿に関するお問い合わせについて

メールでコンタクトを取りたい方は「ehimecameraclub@gmail.com」へご連絡ください。

ツイッターアカウント@ehimecameraclubからのDMでも受け付けます。

また以下のコメントフォームよりご連絡ください。

スポンサーリンク

投稿日:

Copyright© 四国カメラ係 , 2019 All Rights Reserved.