おすすめ写真サイト

Googleフォトの埋込用コード生成webサービス「フォトエンベッドメーカー」を使ってグログ記事に画像を挿入する方法

更新日:

ブログサイト・ウェブサイトに掲載する画像を、Amazon PhotosやGoogleフォトから引っ張ってこれればサーバーの容量を節約できる!!

そんなことできないかなと調べているとありました。

フォトエンベッドメーカーというサイトに、グーグルフォトの画像リンクを貼り付けてボタンを押せばiframeタグを生成してくれるんです。

ブログに載せる画像の容量を節約できるかもしれない!!

ではやり方について解説していきます。

フォトエンベットメーカーとは?

フォトエンベッドメーカーは、Googleフォトの共有URLリンクを使い WordPress の投稿へ埋め込むためのコードを生成するWebサービス。

使い方についてはフォトエンベットメーカーに書かれています。
当サイトでは画像付きで紹介します。

https://celtislab.net/photoembed-maker/

フォトエンベッドメーカーの使い方・手順

  1. Googleアカウントにログインした状態で、Google フォトのページを開きます。
    Googleフォトの使い方
  2. 生成したい画像を選択し、右上の共有ボタンをクリック。
    Googleフォト リンク
  3. 以下のような画面になるので下の「リンクを作成」をクリックし、リンクをコピーする。
    リンクをコピー
  4. フォトエンベッドメーカーのサイトを開いてコピーしたリンクを貼り付け、「コード生成」をクリック。
    フォトエンベットメーカー
  5. サイトの下に移動して生成されたコードをコピー。
    フォトエンベットメーカー コード
  6. ブログサイトに貼り付けて完了。

出来上がったのがこちら↓。

Photo Embed by Google Photos

フォトエンベットメーカーの設定について

設定できる項目は以下のとおり。

  • 表示サイズ(最大1600px)
  • カラム数(アルバム用)
  • タイプ(アルバム用)

があります。

表示させたい最大幅を入力し、単一の画像だけを貼り付けたい場合のカラム数は「1」にします。
タイプ(アルバム用)は1枚だけ貼りつける場合関係ないので、いじらなくてよいです。(アルバム作る場合は好きなものを選んでください)

URLと設定の入力が終わったら、「コード生成」ボタンを押します。

貼り付ける時の注意点について少しだけ。
入力モードはビジュアルモードだとうまくいかないことがあるので、テキストモードにしてからコピー&ペーストします。

使い勝手・感想

すごく便利なサービスで気に入っています。

サーバーの容量を気にする必要がなくなるため、オススメのサービスです。

デメリットについて少しだけ紹介します。

読み込みが少し遅いのが気になります。

あとは通常の画像挿入であればalt属性でキーワードとなる文字を入力できますが、埋め込みコードを利用する場合は使えません。
SEO的には不利になりそうな気がします。

まとめ

と書いてきましたが、プレビューしてちゃんと表示されるか確認すれば良いサービスですね。
時々利用したいと思います。

https://celtislab.net/photoembed-maker/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク




-おすすめ写真サイト
-,

Copyright© 四国カメラ係 , 2019 All Rights Reserved.