雑記・考察 iPhone・スマホ

Instagramのリポストを無断で行うと著作権侵害に当たるのか?

投稿日:

インスタグラムで他人の投稿した写真をシェアし、再投稿することをリポストと呼ばれています。

Instagram公式アプリでもリポストが可能だし、非公式アプリでもリポストが可能になっています。

非公式アプリを使用せずにInstagramでリポストを行う方法

このリポストに関して著作権侵害に当たるのではないかという記事を発見。

そもそもインスタグラムのリポストはTwitterのリツイートに当たる機能とされています。

 

公式で使える機能が、著作権侵害になる可能性があるのでしょうか?

という疑問と、リポストと著作権侵害についての考察、リポストを行なっているユーザーについて、そして最後にリポストされたくない人はどのようにすればいいのかを記事にしました。

他人の投稿を無断でのリポストは著作権違反なのか?

SNS

結論としては違反ではないと考えられます。

instagramヘルプ

Instagramヘルプセンターより

インスタグラムのヘルプセンターを見ると上記のように書かれています。

 

著作権違反になると主張しているブログ記事は、Instagram(Facebook)のヘルプセンターの記述について言及しています。

しかしこのQ&Aは

『権利を侵害する意図がなくても、他の人に対する著作権侵害になることはありますか?』

という問いに対しての答えになっているんですよね。

決してリポストに関しての質疑応答ではないんです。

常識的に考えればわかりますよね。

「たとえ引用元を記述したとしても、無断で人の写真を使用してSNSに投稿するのは著作権侵害になる可能性もあります。」

↑常識的なことが書かれています。

その点、リポストは一概に著作権侵害とは言えないですよね。

リポストが著作権侵害になるのなら、リポスト機能を付属しているInstagramの機能や非公式アプリは、著作権侵害を助長しているということになります。

リポストをしていただければわかりますが、きちんと引用元のアカウントを自動的に添付されます。

しかしたとえリポストが著作権侵害にならないとしても、インスタグラムでリポストする際には注意が必要です。

Instagramをリポストする際のマナーと注意点

リポスト

自分のInstagram投稿ではなく、他のユーザーの投稿を再投稿するのがリポストです。
(自分の投稿もリポストできますけどね。)

他の人のものを使わせて貰う訳ですので当然ながら注意点や守るべきマナーがあります。

リポストをする際の注意点をあらためてまとめました。

リポスト元の明記

リポスト元のアカウントもはっきりわかるよう明記します。

キャプション(コメント)欄で「@+ユーザー名」を入力することで、他人のアカウントへのメンションリンクになります。

リポスト

リポスト投稿であることを明記

リポストの場合、写真に引用元のアカウントが表示されるようになっていますが、リポスト投稿である事をさらに明確にします。

必ずその投稿がリポスト投稿であることがわかるよう明記しましょう。

コメント欄にリポストした旨をキャプション(コメント)欄に記載し、ハッシュタグ「#repost」をつけるとわかりやすいですよ。

リポストした際には感謝とお礼を記述

リポスト元のユーザーへの感謝とお礼を述べるのが礼儀。

リポストする際に、キャプション(コメント)に使用させてもらったことに対する感謝を記載し、可能であればダイレクトメールで「ありがとう」と伝えます。

著作権侵害に気をつける(編集などはしない)

Instagramでリポスト投稿した内容の著作権は、リポスト元のユーザーにあります。

色変更やフィルタリング、文字の入力、トリミングなど過度な編集は行ってしまうと、問題になる可能性もあります。

いわゆる二次創作問題に発展してしまう可能性も。

元の投稿の内容そのままにリポストします。

リポストをメインで行っているユーザーアカウントの対応

リポスト

リポストによる著作権侵害の有無について書いてきました。

一般的な使い方をしているユーザーにとって通常の投稿やストーリーズはよく使う機能ですが、リポストはあまり使用しない機能ですよね。

たとえば当ブログ運営者がフォローしている

  • 東京カメラクラブ(@tokyocameraclub)
  • 瀬戸内ぐらむ(@setouchi_gram)
  • LOVESAIJO(@lovesaijo)

など企業や自治体のInstagram公式アカウントでリポストがよく使われています。

  • 東京カメラクラブ→#tokyocameraclub
  • 瀬戸内ぐらむ→#setouchi_gram◯◯(毎月数字が変わる)
  • LOVESAIJO→#lovesaijo

上記のように各ユーザーは特定のキーワードにハッシュタグをつけることで、リポストされることを了解していると認識しています。

リポストされるメリット

メリットとデメリット

リポストのデメリットは無断で使用される可能性もあります。

自分の投稿した画像が意図せずリポストされれば、びっくりするし、あまりいい気持ちになりませんよね。

無断でのシェアは嫌ですが、リポストされるメリットも大きいんです。

  • より多くの人に見てもらえる
  • フォローワーの多い人にリポストされるとフォロワーが増えやすい
  • Instagramユーザー同士で交流、インスタグラムを通じてリアルにつながる

上記のようなメリットがあります。

リポストされたくない人の対応

Instagram リポスト

それでも自分の投稿した画像をリポスト・シェアされたくない人はどうすれば良いのでしょうか?

アカウントのプライバシー設定で、『公開』から『非公開』設定にすればフォローされていない人には表示されません。

Instagramメニュー画面

Instagramのプロフィール画面右上のメニューバーをタップ。

さらに下の『設定』と表示された歯車アイコンを推します。

Instagram設定

次の画面で『プライバシー設定』をタップします。

『アカウントのプライバシー設定』をタップ。

Instagram設定

『非公開アカウント』にチェックを入れます。

 

Instagram設定

これで承認した人以外にはインスタグラム上の写真や動画は表示されなくなります。

これで無断リポストされる確率がグッと減ります。

以前はリポストされないような設定があったと思うのですが、現在は『ストーリーズへの再シェアを許可』のみの設定になっています。

ストーリーズ再シェアの許可

『設定』の『プライバシー設定』から『シェア』を許可する項目が出てきます。

まとめ

SNS

Instagramのリポスト機能は引用という意味合いがあります。

引用と転載は違うんですよね。

『無断引用』『無断転載』については下記のサイトがわかりやすいかなと思います。

https://www.biz-shikaku.com/mincho/column/227

ご参考までに。

インスタグラムユーザーでハッシュタグをつけずに突然「リポスト」された場合も基本的には著作権侵害にはあたりません。

しかし投稿した人が嫌であればインスタグラムに報告してください。

方法は以下の通り。

インスタグラム

投稿写真の右上のボタンをタップし、『報告する』から「不適切である」画像として報告。

インスタグラム

 

またヘルプ「スパムまたは不正利用」を選択してInstagramに報告します。

インスタグラム

Instagram不正報告

Instagram不正報告

インスタグラムに投稿する時点で、引用(リポスト)される可能性があるということだけは覚えておいてください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク




-雑記・考察, iPhone・スマホ
-, , ,

Copyright© 四国カメラ係 , 2019 All Rights Reserved.