カメラ撮影テクニック

カメラ初心者が写真の腕を上達させる7つの方法

投稿日:

当ブログにお越しいただき誠にありがとうございます。
お越しいただいた方に少しでも有益な記事であればサイト運営者も嬉しいです。

カメラの腕前が上手くなる為に気がついた事を教則本やブログなどとは違った視点で書いていこうかと思います。
上達するかどうかはわかりません(笑)

日々写真が上手く撮れるようになりたいなと思いながらもなかなか上手くならない方にとって少しでもお役に立てればと思います。

参考程度に読んでくれれば嬉しいです。

[toc]

身近なものから撮影する

ブリキの置物

写真好きの人って撮りたいものが決まっている事が多いと思うんですよね。

  • 家族
  • 犬猫鳥などの動物
  • 自分の住む町の風景
  • 夜景
  • 旅行先の素晴らしい景色

自分はインターネットショップの店長として数多くの商品を撮影してきました。

商品撮影を撮るのと景色や人物を撮るのとでは全然違います。
子供を撮影しようと思っても走り回って全然上手く撮れません。

写真が上手くなるためには自分が撮りたいものだけでなく普段あまり撮影しないモノも撮影した方がいいのかなと思います。
普段撮影しないものを撮影するは事で自分が一番撮りたいものの見方が変わります。

カメラって奥が深いなと思わされます。

基本を知る

構図を知る

日の丸構図や三分割構図、対角線S字、C構図など基本的な構図があります。
これらの構図を意識して写真を撮ると綺麗に見えると言われています。

写真の最大の良さは撮りたいように取れるという事。

しかし記録写真ではなく記憶に残るような写真を撮る場合は最低限覚えておいた方が良いと思います。

構図についての記事

カメラの使い方を知る

カメラには様々な機能が付いています。
一眼レフカメラの取扱説明書はこんなに分厚い!

一眼レフカメラの取扱説明書とMagic Mouse

隅から隅まで全部読む気にはなれませんがどのような機能があるかは把握しておいた方が良いです。

そして実際に使ってみる事!

カメラには様々な機能が付いています。
写真撮影した後でPhotoshopなどのソフトで画像を加工レタッチするよりも簡単にアーティスティックな写真が撮れます。

テクニック本やブログ記事はあくまで参考程度

風景や夜景を撮影するのが好きです。

しかしISO感度をやF値、シャッター速度の設定が全くわかりませんでした。
なのでテクニック本などを見て勉強しました。

基本は大事かなと思います。
痛感しました。

しかし同じ被写体を撮る時は様々な設定で撮影してみるという事に気づきました。
写真撮影に慣れてきたら様々な設定で写真を撮ってみた方が絶対いいです。

基本はあくまでも基本。

夜景風景だけでなくなんでも試行錯誤しないと上達しません。

シャッター速度や焦点距離を変えてみるや横ではなく縦で撮ってみるとか様々な試行錯誤が必要です。

カメラが上手くなりたい。

自分の好きな人写真家、好きな写真を見つける

自分がカメラを買って撮りたいと思っているものが幾つかあります。

スリンカチュのこびとの住む街


instagram.com/embed.js">
おもにとかいでさつえいされていますが、自分も田舎をテーマにフィギュアを使用してスリンカチュ氏のような写真を撮りたいと思っています。

また、Canon50Dを使用していた自分がNikonの一眼レフカメラに鞍替えしたきっかけになったのがログカメラ。

憧れの人と同じカメラを持ってこんな素晴らしい写真を撮ってみたい!!と思わされるような素晴らしい方です。
お会いした事はありませんが、いつか心の師匠と呼ばせてもらおうと思っています。

また、Instagramでお見かけした同じ四国の愛媛の隣香川県で写真撮影をしているこの方の写真も非常に参考にさせてもらっています。

Kawazoekeita


上手くなるのは好きなアーティストを見つける。
そして、マネする。
さらに応用する、という感じで考えています。

カメラ好きの仲間を作る

仲間を作る

紅葉撮影している時に突然話しかけられ写真撮影会にお誘いいただいた事があります。

後日、写真撮影会に参加させていただき、カメラの知識や撮影方法などとても参考になりました。
とても楽しかったし、励みになります。

友人知人やもし、同じ趣味の方がいなければインターネットで同じ仲間を見つけて撮影会を開いてみると自分とは違う写真の撮り方や知識を得る事ができます。

また、写真教室などに参加して撮影技術を学ぶのも刺激になると思います。
自分は参加した事がないですが(^_^;)

インスタなどSNSやフォトコンテストに投稿してみる

Instagram ロゴ

 

フォトコンテストと聞くと敷居が高いイメージがします。
否定はしません。

しかし最近ではSNSの普及でInstagramからの投稿で応募できる写真コンテストも多くあります。
SNSに気軽に投稿する感じて応募すればよいと思います。
同じテーマで他の人がどんな写真を投稿しているか見る事も写真を上達させるための手段の1つだと思います。

自分の撮った写真なんか、と恥ずかしがっていないて下手でもいい、飛び込んでみる事です!

撮りたい写真をイメージできるかどうか

マジックアワー

写真を多く取っていく中でこの景色にこんな感じで撮りたいと思う瞬間があります。

構図だったり光の加減だったり。

私にはまだその瞬間がありません。

しかしイメージするものはあります。
西日本最高峰の霊峰石鎚山をとある場所からベストショットを撮りたいと思い描いている写真があります。

大事なのはイメージする事。

イメージした写真を撮る事ができればまた一歩写真が上達するかなと考えています。

まとめ

高速道路

カメラの機能がわかっていなかったり、そもそも知識が不足しています。
そんな悩める僕がどうやったら上手く撮影出来るかなと考えていることを書いていきました。

最後に自分が一番最高の物が取れた時は出し惜しみしたい事。

どういう評価が下されるのか怖くて写真投稿できませんでした。

いいねがあまり付かなかったりとがっかりしてしまう事が多々ありました。

しかし今の全力を超えるためにどんどん写真を上げていこうと思います!

最後までお読み頂き誠にありがとうございます。
日々努力してお役に立てるような記事を書いていきます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク




-カメラ撮影テクニック
-, , , ,

Copyright© カメラ係 , 2019 All Rights Reserved.