カメラとレンズと撮影機材

Nikon D750の後継機 D760について

投稿日:

2014年9月25日に発売されたニコンフルサイズ一眼レフカメラD750。

発売から約4年半。

2019年にはD750の後継機と言われる「D760」。

ニコンD750は、僕がはじめて一眼レフカメラを購入する前に一番欲しかった一眼レフの機種なんです。

その後継機のD760に関するさまざまな噂が流れています。

その情報について解説します。

D750の後継機の情報

D750

D750の後継機はD760という名称が有力視されています。

情報は以下の通り。

  • D610は廃止予定
  • 新型D760は新しいエントリーレベルのフルサイズカメラとなる予定
  • 4K動画
  • ISOボタンがシャッターボタンの近くに近くに移動
  • AF-ONボタンが背面に追加
  • D810と同じAFコントロールノブ
  • D760の背面のボタンレイアウトは小幅に変更
  • AF測距点の数は変更
  • AFシステムと高感度の画質の改善

一眼レフミラーレスカメラZ6と現行機D750の比較

Z6D750
画像処理エンジンEXPEED 6EXPEED 4
画素数2450万画素2432万画素
高感度ISO100~51200ISO100~12800
AFポイント273点51点

すべての面でD750を上回っています。

高感度がISO51200!!

これってすごいですよね。
夜間撮影にもってこいですね。

D750の後継機はZ6よりすごい性能が期待できるんですね。

羨ましい!!

現行機のD750とD610の比較

最後に現行機の2機種の紹介です。

製品名D750D610
発売時の価格¥230,000¥200,000
メーカーニコンニコン
発売日2014年09月25日2013年10月19日
位置付け中級機初級機
注目機能

『D750』ボディの特長

  • モノコック構造を採用。ボディ前面に炭素繊維複合素材(セリーボ)を採用
  • チルト式液晶モニターを搭載

『D750』機能の特長

  • 新開発の2432万画素センサー
  • -3EVの低輝度時の合焦性能
  • 動画撮影メニューを新設
  • FX初となるWi-Fi機能を搭載

『D610』の特長

  • 有効2426万画素
  • シャッターユニット変更
  • 連写性能 6コマに改善
  • 静音連写 3コマ秒
  • オートホワイトバランスの精度向上
よく買うショップリンク

まとめ

新型D760は廃盤予定のD610に変わり、エントリーモデルとなる可能性もあるそうですね。
(エントリーモデルと言っても高性能!!)

新しい物好きの僕としては、D760を待って購入したいところです。
しかし現行機のD750の価格がかなり下がっています。

購入するなら今のタイミングかな?と悩んでいるんですよね、実は。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク




-カメラとレンズと撮影機材
-,

Copyright© 四国カメラ係 , 2019 All Rights Reserved.