愛媛県 高知県 撮影日記

インスタ映え間違いなしの『天空の台地』天狗高原・四国カルストへの行き方とおすすめ撮影スポットを紹介

投稿日:

四国カルストについて

四国カルスト

四国カルストとは山口県の秋吉台、福岡県の平尾台)と並ぶ日本三大カルストと呼ばれています。

特徴的なのは、日本三大カルストの中でもっとも標高の高い場所にあるという事。

  • 秋吉台 標高180~420m
  • 平尾台 標高370~710m
  • 四国カルスト 標高1400m

標高1400メートルの高地にある四国カルストから石鎚山や中津明神山などの周辺の山々が一望できます。

石鎚山

四国カルストから見る石鎚山

中津明神山

四国カルストから見る中津明神山

四国カルストには何があるか?

というと、1400メートルの高地から望む四国山脈の風景は絶景。

とにかく素晴らしい景色なんです。

四国カルスト

『天空の台地』と言ってもおかしくないような場所です。

1億5000万年前の海底が隆起してできたということで、浸食作用で地表に露出した石灰岩の岩がゴロゴロしています。

四国カルスト

乳牛の放牧地帯としても有名で、多くの牛が放牧されています。

愛媛県では1964年(昭和39年)3月21日に四国カルスト県立自然公園として指定された。

四国カルストが何市にあるかというと、

  • 愛媛県西予市
  • 上浮穴郡久万高原町
  • 喜多郡内子町
  • 高知県高岡郡檮原町
  • 高岡郡津野町

西から大野ヶ原・姫鶴平・五段高原・天狗高原まで広範囲に広がり、なだらかな山肌に夏は緑の草原、秋はススキが広がます。

標高1400メートルの高地にあるということで、夏の気温も比較的涼しく、一年を通して気温の低い場所なんです。
高地ですからね。

四国カルストとして有名ですが、天狗高原とも言われています。

主に高知県側での名称のように思います。

四国カルストへのアクセス

四国カルスト

四国カルストは場所は下の地図の通り。

出発する場所で所要時間が変わってきます。

愛媛からのルートと高知からのルートがあるので紹介します。

愛媛からの行き方

愛媛県から四国カルストを目指す場合、松山からのルートと西条・新居浜からのルートがあるんですよね。

詳しくは下の地図をご覧ください。

出発する時間帯にもよりますが、愛媛県松山市から四国カルストへの所要時間は車で約2時間。

そして同じ愛媛県でも東予地区の西条市・新居浜市から四国カルストへ行くには、

愛媛県西条市と高知県いの町を結ぶ寒風山トンネルのルートです。

高速道路を利用すれば松山市ルートの方が20〜30分早く到着しますが、高知県、愛媛県の名所を回りながら四国カルストを目指す場合はこちらのルートがオススメ。

ちなみに、2018年に菅田将暉さんと中条あやみさんが出演したトヨタカローラのCM(コマーシャル)のロケ地であるUFOラインは、高知県側の寒風山トンネル入り口付近から行けるんです。

UFOライン 絶景
四国が誇る絶景の観光地 天空の道 UFOラインのおすすめ撮影スポットを紹介するよ

当ブログにお越しいただき、誠にありがとうございます。 今回は愛媛、高知にお住いの方や旅行に来られた方のためのカメラ撮影スポットを紹介します。 UFOラインとは? 西日本最高峰の石鎚山を背景に伸びる全長 ...

続きを見る

おすすめ撮影スポットの一つ。

四国が誇るドライブ、デートスポット『四国カルスト』へは、自転車(サイクリング)や原付でもいけます。

高知県からの行き方

高知県高知市からの四国カルストへのルートはこちら。

国道33号線→国道56号線→県道388号線→県道315号線→国道197号線→国道439号線→県道304号線→県道48号線(四国カルスト公園線)を通って行きます。

車での所要時間は約2時間。

高速道路(有料道路)使用しないのであれば、

高知市→いの町→佐用町→越知町→仁淀川町を通って、国道33号線から愛媛県ルートと同じ440号線を経由して行くルートを使用します。

車での所要時間は2時間30分。

高速道路を利用しない場合の高知県南側ルートと所要時間はそれほど変わりません。

四国カルストへはレンタカーがオススメ

四国カルスト

四国カルストへは地元愛媛県や高知県の人も訪れますが、大阪や東京など多くの県外ナンバーを見かけます。

遠くから自家用車で訪れる人も多い四国屈指の観光スポットですが、やはりオススメは電車か飛行機で愛媛・高知に来て、レンタカーで四国カルストへ目指す方法。

このサイトに大阪。東京から愛媛県・高知県への行き方をまとめられています。

ぜひ参考にしてください。

そしておすすめレンタカーサイトの紹介も行っています。

スマホで予約できるおすすめレンタカーサイトまとめ

四国カルストの撮影スポット

四国カルスト

名所や見どころ、フォトスポットを撮影した画像を載せていきます。

まず高知県側から紹介。

天狗荘そばの展望台から撮影。

天気が良く空気が澄んでいれば、遠くは高知土佐湾まで観ることができます。

バイクを止めて撮影しいる方がいらっしゃったので、撮影させてもらいました。

四国カルスト

天狗荘で購入したソフトクリーム。

ソフトクリーム

愛媛県側の姫鶴荘では、ソフトクリーム屋さんは長蛇の列ができていましたが、こちらはすぐに買えました。

美味しかったです!

高知県と愛媛県の県境の標識

四国カルスト

県境の標識は四国カルストのフォトスポット、インスタ映えスポットですね。

そして天狗荘から天狗トンネルを抜けると高原の景色を見ることができます。

天狗高原、五段高原の絶景が広がっています。

四国カルスト

四国カルスト

インスタ映えスポットになりそうな絶景ポイントは数多くあります。

県道383号線「四国カルスト公園縦断線」をのんびりと車で走ると、ここでも高知県と愛媛県の境があります。

四国カルスト

天狗荘のあるのは高知県津野町で風車や姫鶴荘があるのが愛媛県久万高原町。

五段高原がある方が高知で風車がある方が愛媛。

四国カルスト

青空の下では放牧された牛が気持ちよさそうに草を食べています。
こっちが高知県側。

四国カルスト

風車のある方が愛媛県側なんです。

今回は時間の都合で昼間の訪問でした。

四国カルストは朝日や夕日(日の出日の入り)、曇りなど天気によってさまざまな絶景を見ることができます。

何も晴れ渡った日だけが見所ではありません。

天気が曇りであれば、雲海を見れる可能性も。

また周りは山に囲まれていて、街明かりもないので満天の星空を見ることもできます。

天の川も見れるんですよね。

天体観測にぴったり。

四国カルストへ行く場合の注意点

四国カルスト

道路状況

四国カルストへ向かう道路は道幅が狭く離合しづらくなっています。

酷道・険道と揶揄されるくらい悪路の場所もあります。

そのような道路で対向車と離合する際には十分な注意が必要です。

また豪雨被害による落石土砂崩れや通行止め区間もあるようです。

道路状況に気をつけて四国カルストを目指してください。

ガソリン

愛媛県側から四国カルストに向かう場合、国道440号線〜県道383号線にはガソリンスタンドがありません。

四国カルスト周辺のガソリンスタンドは土日や祝日、時間帯によっては閉まっているガソリンスタンドもあるので気をつけてください。

ご飯

四国カルスト周辺にはコンビニエンスストアもありません。

食べ物と飲み物は出発するときに用意しておいた方がいいですね。

四国カルストに到着してからは姫鶴荘と天狗荘で食事をすることも可能です。

食事の時間は16時までだったと記憶しています。

ランチやご飯はあらかじめ用意しておいた方が無難ですよ。

服装

100メートル上にあがると0.6℃気温が下がります。

1,400メートルの四国カルストは下界と比べて6℃以上気温が低いということになります。
夏場でも、長袖を用意するしておいた方がよいです。

秋や春も一枚、二枚余分に上着を用意しておいた方がいいです。

天気

山の天気は変わりやすいです。

晴れていたとしても突然ガスが発生して、目の前の視界が全く見えなくなることもあります。

運転には特に注意してください。

まとめ

四国カルスト

四国カルストとトヨタカローラのコマーシャルで有名になったUFOラインのある瓶ヶ森林道は場所は違います。

『トヨタ86の峠』という番組で四国カルストの回がありましたが、一番最初の映像は四国カルストではなく、UFOライン。

こういう編集の仕方が四国カルストとUFOラインを混乱させるのではないでしょうか?

『絶景!四国が誇る写真撮影スポット UFOライン』の場所や行き方などはこちらの記事を参考にしてください。

UFOライン 絶景
四国が誇る絶景の観光地 天空の道 UFOラインのおすすめ撮影スポットを紹介するよ

当ブログにお越しいただき、誠にありがとうございます。 今回は愛媛、高知にお住いの方や旅行に来られた方のためのカメラ撮影スポットを紹介します。 UFOラインとは? 西日本最高峰の石鎚山を背景に伸びる全長 ...

続きを見る

高知トヨペットのハリアーのCMのロケ地が四国カルストですね。

ぜひチェックして見てください。

日帰り旅行、観光に最適の四国カルストへぜひ行って見てください。

自分も次回は満天の星空撮影のために訪問したいと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク




-愛媛県, 高知県, 撮影日記
-, , , ,

Copyright© 四国カメラ係 , 2019 All Rights Reserved.