愛媛県 撮影日記

観光客で賑わう道後温泉の夜景を撮影 道後温泉の撮影スポット・写真スポットを紹介

投稿日:

道後温泉の時計台

当ブログにお越しいただき、誠にありがとうございます。

夜の道後温泉の様子を撮影してきました。

訪問した時は9月の土曜日の夜。
月の出ていない日でした。

夜8時になっても伊予鉄道後温泉駅から商品街を抜けて道後温泉前までは、まだまだ大勢の観光客で賑わっていました。

そんな道後温泉を足早に撮影してきたので画像を交えて紹介したいと思います。

撮影方法

撮影は三脚を使用しました。
夜の暗い場所では必須アイテムですね。

商店街は街灯の明かりがあるので脇を締めてシャッタースピードをできるだけ早く設定して撮影。
もちろんボツ写真も多かったです。

ボツ写真

レンズは24-120mm、f4.0の標準レンズを使用。
道後温泉に撮影に行って見て、広角レンズが欲しくなりました。

道後商店街の撮影スポット

それでは画像を貼りつけていきます。

道後商店街 オンセナート2018道後商店街

道後商店街のにぎわい

20時くらいの商店街は人通りも多く賑わっていました。
商店街では一眼レフカメラで三脚を使わずに撮影。

早足で歩く人がブレています。

道後温泉椿の湯道後温泉椿の湯

道後温泉椿の湯道後温泉椿の湯

商店街の途中を左に曲がる道後温泉椿の湯があります。
ここでの撮影も三脚は使用せず。

意外とブレずに撮影できるものですね。

今回は足早に撮影したので良い画像がありませんでした。
再訪して加筆修正を行いたいと思っています。

道後温泉本館の撮影スポット

夜の道後温泉本館

道後商店街を抜けると全国でも有名な道後温泉本館が見えます。

夜の道後温泉本館道後温泉正面

道後温泉本館横から見る道後温泉本館

スタジオジブリ宮崎駿監督のアニメ「千と千尋の神隠し」のモデルになったとも言われている道後温泉本館。
正面からだけでなく横や裏側など、さまざまな方向に撮影スポットがあります。

また夜景を撮影する場合はシャッタースピードが遅いので、行き交う人が残像になって味わいが出ます。

賑わう道後温泉本館人が行き交う道後温泉本館

行き交う人々の残像賑わう道後温泉本館

中でも有名な撮影スポットは道後温泉本館を見下ろすことのできる駐車場近くの「空の散歩道」。

 

View this post on Instagram

 

瀬戸内ぐらむさん(@setouchi_gram)がシェアした投稿 -

本当はこの場所から撮影したかったorz

道後温泉本館を見下ろすことができ、遠景が撮影できるんです。
撮影の穴場スポットですが、残念ながら2018年9月現在工事中で撮影スポットに入ることができずorz。

かわりに空の散歩道横の隙間や階段を登ったあたりから撮影しました。

空の散歩道から道後温泉本館を撮影

階段から道後温泉本館を見下ろす

ほんの数メートル違うだけで全然印象が違うんです。

おもしろいですね。写真って。

夜景の写真撮影に必須アイテム

今回使用したのはカメラ本体。

レンズは標準レンズ。

SILKの安価な三脚を使用しました。

そしてレリーズ。

まとめ

今回は初めての夜景の道後温泉撮影でした。

本当にショボショボの写真ばかりでお恥ずかしい限りです^^;
ボツ写真をブログに載せるのも気が引けましたが、行ったという事実を残しておきたかったのでブログ記事の写真として利用しました。

もっと時間にゆとりを持って、そして撮影の腕を上げてより良い写真を載せたいと思います。

最後までご覧いただき誠にありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク




-愛媛県, 撮影日記
-,

Copyright© 四国カメラ係 , 2019 All Rights Reserved.