カメラの設定

ニコンの親指AF(オートフォーカス)の設定方法

更新日:

当ブログにお越しいただき誠にありがとうございます。

一眼レフで撮影するときにシャッターボタンを半押ししてピントを合わせてから撮影する方法は一般的ですが、ピントを合わせるときに「半押し」はわずらわしく感じている人もいるはず。

そんな時に役立つ機能が親指オートフォーカスです。

一眼レフを使いなれている人は馴染みがありますが、一眼レフカメラ初心者の方にとっては聞きなれないかもしれません。

そんな、親指オートフォーカスの使い方、設定方法について紹介します。

親指AF(オートフォーカス)とは?

一眼レフカメラ オートフォーカス

親指AFとはシャッターボタンを半押しにした時にピントを合わせる動作をカメラ背面のAF-ONボタンを親指で押してピント合わせを行うテクニックです。

親指オートフォーカスはいいことばっかり。
シャッターボタンの半押しを間違えてシャッターを切ってしまうという心配がなくなります。
人差し指がシャッターを押すだけ。
人差し指が半押しで「プルプル」してしまうストレスがなくなります。

ニコンは設定が必要

nikon 一眼レフ 親指オートフォーカス

menuボタン

カスタムメニュー

AE/AFロックボタン機能を「on」にします。

ニコンの親指オートフォーカスの注意点

注意点

カメラの背面ファインダーの横のAFボタンを押すとオートフォーカスが作動します。
この場合、シャッターボタンの半押しではオートフォーカスは作動しません。

シャッターの半押しが効かないというデメリットが発生!!

Canon50D

キャノン50Dで縦で写真撮影する場合はシャッターボタンの半押しを利用していました。

実はCanon50Dは設定が必要ありません。
しかも、シャッターボタンの半押しが効かないニコンの一眼レフカメラと違い、シャッターの半押しでのピント合わせができます。

一眼レフカメラを縦に持って撮影する時にはシャッターボタンのピント合わせが便利ですが、ニコンの一眼レフカメラのピント合わせはファインダー横のAF-Lボタンのみとなります。

これは不便だなと感じています。

まとめ

一眼レフカメラ

親指オートフォーカスは一眼レフカメラのカメラ撮影の基本中の基本。
慣れればすごく簡単で撮影しやすい機能なのでカメラ初心者はぜひ覚えてみてください。

そのほかにも取扱説明書では分かりづらい基本的な設定があります。
ニコン限定にはなりますが自分の忘備録も含め初期設定した方が良いものについて紹介したいと思います。

最後までご覧いただきまことにありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク




-カメラの設定
-, ,

Copyright© カメラ係 , 2019 All Rights Reserved.