カメラとレンズと撮影機材

ローパスフィルター清掃をカスタマーセンターにお願いしたら戻ってくるまで何日かかるか?

投稿日:

  • 写真にゴミが付いている!
  • カメラの中のゴミはどうする?
  • これがローパスフィルタのゴミ?

一眼レフカメラで写真撮影を行なっているとそのうち必ずカメラ内部のゴミが入り込んでしまいます。

そのゴミが写真に写り込んでしまうんですよね。

ゴミが付着した場合、ローパスフィルタのお掃除・清掃が必要になってきます。

ゴミは撮像素子の上にあるローパスフィルタの表面に付着している場合がほとんどのようですね。

いろいろ調べて見たら自分でメンテナンスを行うこともできるようですが、自分にはその技術がないのでニコンイメージングから一眼レフカメラのメンテナンス(修理)を申し込みました。

この記事ではローパスフィルター清掃と、ニコンイメージングのカスタマーセンターの対応について記事にしました。

カメラ内部にゴミが付着する理由

カメラの種類

通常考えられるのはレンズ交換時にゴミが侵入。

しかしレンズ交換しなくてもゴミが侵入する可能性もあります。

レンズの隙間からゴミが侵入している場合もあるそうです。

レンズ交換をしない場合はローパスフィルタにもゴミが付着しづらいのですが、ズームしたり「レンズを動かす」事により、レンズ内に風が起こります。

レンズ内にゴミが舞い込む事もあるとのこと。

レンズ内に入ったゴミが再び空気の流れによってカメラ内部に舞い込むんです。

見つけた時はかなりショックです。

ゴミの侵入を防ぐには?

レンズの種類

風が吹いていない、ホコリ等が無い場所で交換。

カメラのレンズ側を下に向け、レンズを下から外し下から交換します。

レンズを外したら、できる限り短くして短時間で風を起こさないよう静かにレンズ交換。

交換するレンズのキャップを外したら軽くブロー。
交換するレンズ側のゴミが無いか確認してから装填します。

取り外したレンズには、まだキャップが付いていなくても装填する方のレンズの方が、この際大事です。

取り外したレンズは、交換レンズを装填後にゆっくり、ブローしてキャップを付けます。

ゆるめに静かにブロー。

強く吹きかける事によって、新たなゴミが舞い上がりレンズに付着する事があります。

しかしカメラ内へのゴミの侵入を完全に防ぐ方法はありません。

一眼レフカメラってそういうもんなんですよね。

ローパスフィルタの手入れ

ローパスフィルタの手入れは2種類あります。
メーカーにお願いするか、自分で行うか、です。

一眼レフのローパスフィルターのクリーニングは各メーカーが行っています。

私の場合、NikonのD610。

2,500円でローパスのクリーニングをしてくれます。

東京や大阪の場合は、ショップに持ち込めば1時間余りで終わりますが、遠方の場合は郵送でメンテナンスを行います。

ローパスフィルターの清掃は各メーカーのサービスを利用したほうがいいですね。

自分でカメラを掃除する事についてはまた勉強して行いたいと思います。

現段階ではクリーニングキットを購入して行う予定はありません。

何かあってからでは遅いですからね。

メンテナンスでローパスフィルター清掃

ローパスフィルタに付いたゴミの確認

ゴミが付いているか確認撮影の方法は以下の通り。

  1. F22やF29など、レンズによって違いますが、普段のレンズで目一杯絞ります。
  2. ズームレンズの場合、一番広角側にしてピントをマニュアルに設定。
  3. ピントをマニュアルにした後、ピントを無限遠にします。

白くて模様の無い平らな被写体を選びます。

その被写体に向けシャッターを切ってください。

撮影した物はむしろ白飛びするくらいの方が付着したゴミを見つけやすい。

私は、白い壁に向かってシャッターを切っています。

その際、カメラをわざと小刻みに揺らし全体がブレるように撮影しています。

つまり、カメラ側にゴミが付いている場合は、被写体がボケたりブレてもゴミはしっかり存在がわかるんです。

この時、もちろんレンズのゴミも確認してくださいね。

ローパスではなくレンズの保護フィルタにゴミが付いている場合もあります。

たとえ、無限遠にしても写るときは写ります。

何枚か撮影したら、画像をパソコンで確認してみてください。

この試し撮りでゴミが付着していないならば良し。

カメラ内部にホコリを確認方法と埃が入った時の対処方法

当ブログをご覧いただき誠にありがとうございます! 一眼レフカメラを購入、使用しています。 知らない間にカメラ内部に埃が入ってしまい、ブロアーを購入。 しかし改善されなかった自分の経験をもとに記事を作成 ...

続きを見る

インターネットでのお手続きの方法

まず、ニコンイメージングにログインします。

トップページのメニューバーの「サポート」から「修理」を選択。

次のページで「ご自身で発送しインターネットでお申し込み」をクリック。

修理機種を選択。

イメージセンサー(ローパスフィルター)清掃 限定修理を選択。

そのあとは住所や電話番号などの情報を入力していきます。

その他、電話での申し込みやサービスセンターでの申し込みも可能。

返却されるまでに要した日数

ローパスフィルター清掃で一眼レフカメラを預けた時期がちょうど桜の季節。

いつ満開になってもおかしくない状況の中でなんとか一週間以内にメンテナンスを行って欲しい旨を、別途サービスセンターに直接電話しました。

月曜日に発送し、翌週の火曜日に戻ってきました。

配送日を除けば手元に戻ってくるまで1週間。

まとめ

ミラーレスカメラ

 

ニコン一眼レフカメラ『D610』が手元にない代わりに「Canon M」というミラーレスカメラを持ち歩き撮影。

古いミラーレスカメラということもあり、いい写真も画質が良くない。

戻ってきてからさっそくあっちこっちで撮影を行いました。

D610も古い機種ですが、やはりCanon Mとは全然違う。

D610の方が使い慣れていることもあり、非常にいい感じで撮影できました。

ローパスフィルターの清掃をサポートセンターにお願いする機会も多いので、別のカメラ、2台目のサブカメラの必要性を感じた一週間でした。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク




-カメラとレンズと撮影機材
-,

Copyright© 四国カメラ係 , 2019 All Rights Reserved.