カメラとレンズと撮影機材

ストリートビュー認定フォトグラファーになる方法と特典の認定証やバッチについて

投稿日:

当ブログに来ていただき、ありがとうございます。

当ブログでは一眼レフカメラをメインにブログ記事を作成しています。
しかしカメラのことならなんでもありで書いていきたいと思っています。

一時期話題になったカメラ360度天体球カメラというものをご存知でしょうか?

Ricoh Teahta V

Photo taken with Focos

↑こういうやつですね。

これを使って360度写真が撮影できるんです。

Post from RICOH THETA. #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

RICOHの360度天体球カメラ「Theta」を使ってストリートビューに投稿、見事認定フォトグラファーになりました。

ストリートビュー認定フォトグラファーについて解説していきます。

ストリートビュー認定フォトグラファーとは?

グーグルストリートビュー

GoogleストリートビューとはGoogleマップ内で道路以外の場所も見る事ができる機能。
これはGoogleではなく個人などの一般ユーザーの投稿によるものです。

一般ユーザーの投稿したストリートビューは🔵で表記されます。

スマホアプリを利用したりRICOH THETA Vなどの360度カメラを利用して撮影します。
Insta360°あなたのiphoneをあっという間に360°カメラにできるデバイスも販売されています。

ストリートビュー認定フォトグラファーは青ではなく黄色の丸いマークの付いているストリートビューをつける事ができるんです!

認定フォトグラファーになるにはどうしたら良いか?

スマートフォンの専用アプリ「Googleストリートビュー」をダウンロードします。

Google ストリートビュー

無料
(2019.01.07時点)
posted with ポチレバ

ダウンロードしたアプリの右下に「360°カメラ」という項目があります。

iOSアプリ ストリートビュー

そこをタップしてアプリの指示通りに撮影していきます。

撮影して50回以上Googleマップに投稿すると認定フォトグラファーに格上げされます!

認定フォトグラファーになった時の特典

ストリートビュー認定ステッカー

先ほどの通り、青丸だけでなく黄色いマークをつける事ができます。

青丸と黄色い丸と何が違うかというと黄色いマークの場合は道路のストリートビューのように動き回れるという利点があります。
ストリートビュー内を動き回れる事の利点は飲食点などの店舗内の施設をGoogleマップで確認する事ができるようになるんです。
認定フォトグラファーに依頼してGoogleストリートビューを撮影してもらう必要があるんです!

つまり、個人でも収益化できるんです、副業だってできるようになるんです!

その他の特典としては認定フォトグラファーのバッチをダウンロードできたり、Googleストリートビュー認定フォトグラファー専用のグッズの購入もできるようになります。


まとめ

本格的なGoogle店内ストリートビューは本格的な撮影が必要になります。
一眼レフカメラとAdobePhotoshopなどの画像加工ソフトを使用して360度パノラマ撮影をする必要があります。

時間と手間がかかります。

しかし写真撮影の見積もり費用はどの認定フォトグラファーを見ても高めに設定されています。

それだけの価値があるという事です。

お金をいただくには一眼レフカメラが必要になります。
認定フォトグラファーになりたいだけであれば撮影にはスマホか360度パノラマカメラを使用すると50枚のパノラマ撮影は簡単です。

興味があれば是非認定フォトグラファーを目指してください!

RICOH Thetaの使い方はこちらのサイトに紹介されています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク




-カメラとレンズと撮影機材
-,

Copyright© 四国カメラ係 , 2019 All Rights Reserved.