カメラとレンズと撮影機材 雑記・考察

寒い季節・夜間時 レンズに付着するの夜露・結露防止対策にレンズヒーターがおすすめ

更新日:

こんにちは、当ブログにお越しいただき、誠にありがとうございます。
当サイト運営者の@ehimecameraclubです。

先日のふたご座流星群の流星群撮影、冬の寒い季節の星空撮影、夜景撮影を行いました。
とくに寒い中亀老山展望台にて星空・月の撮影を行いました。

夜のしまなみ海道 来島海峡大橋

 

寒い中で霧が発生。

カメラに水滴が付着しないようにあらかじめレンズヒーターを装着していました。
冬の寒い時期の撮影に気をつけたい結露(夜露)を未然に防止したわけです。

温度差による結露発生はカメラとレンズには点滴。
放置すればカビが生えてきてしまいます。

一眼レフカメラのレンズの結露発生を予防・対策について紹介します。

カメラレンズに結露が発生する原因

水滴

結露・夜露は夜間から明け方にかけて起こりやすいんですよね。

大気中に含むことのできる水分の量には限界を超えると、冷たい物体(ここではレンズのこと)に水滴が付着します。
気温が下がるほど、含むことのできる水分量は減るんです。
ということで、冬の寒い季節は。とくに夜露・結露は発生するんですね。

結露の発生の仕組みは、寒い空気と暖かい空気の温度差。
また寒い野外撮影で冷えた状態のカメラが、撮影終了後に暖かい部屋に入れても結露が発生します。

こういう場合は寒い環境から急に暖かい場所へ入れないようにします。

今回は撮影中の夜露対策についての記事ですからね。
しかし故障の原因にならないように、最善の注意を払って取り扱わなければなりません。

カメラ・レンズに結露が発生した場合の不具合

レンズ

結露発生が、カメラやレンズの故障の原因になる可能性もあります。

防塵防滴の一眼レフやミラーレスでも完璧ではありません。
内部に水が侵入すれば故障の原因になってしまいます。。

またレンズに厄介なカビが発生するリスクも上がるんです。

カメラ故障でもっとも気をつけなければならないのは、気温の低い屋外での撮影により冷え切ったカメラ機材を温度の高い車内に持ち込む時。

車内との温度差には注意が必要です。

カメラ機材に結露させない方法・対策

撮影時はレンズの温度を上げておけば水分が付着しにくいです。
そこでレンズヒーターがおすすめ。

私が購入し、行った対策について後述します。

寒い環境から急に暖かい場所へ入れなければ結露発生しにくいです。

結露対策は以下のとおり。
屋外での撮影後は機材をカメラバッグに収納したり、ビニール袋へ入れて外気を遮断した状態で車内へ持ち込むようにする事。

まぁ、エアコンや暖房器具など、なるべく急に暖かい場所に置かないようにするだけでも違います。

結露した時の対処方法

一番手っ取り早い方法は、レンズを一度カメラから外して、 車のエアコンの温風を結露したレンズ面に軽く当てます。
こうすれば、レンズの曇りはあっという間に取れてくるんです。

車のガラスの曇りを取るのと同じ要領ですね。

結露対策のアイテム「PROTAGE結露防止レンズヒーター」

レンズヒーター

今回購入したPROTAGEレンズヒーター。
カバーできる面積が増えることでレンズボディまで結露防止することができます。

レンズによってはピントリングやAFスイッチなどが操作できなくなる可能性もあるので注意が必要です。

ポイント

スペック

  • 8.5cm×1cm×30cm(幅×厚さ×長さ)
  • ケーブル:140cm
  • マイナス10℃の環境で使用可能

使い方はレンズにヒーターを巻いてUSBにモバイルバッテリーを繋げるだけ。

モバイルバッテリー

手ぶれ補正VRやオートフォーカスのマニュアル設定が隠れてしまいます。
そこのところだけ注意が必要。

レンズヒーター以外のレンズの結露対策

結露軽減にはレンズフードが有効

レンズフードを装着しておくことで、大気中の水蒸気をレンズ表面に触れにくくする効果があります。
フードは深ければ深いほど効果があります。

本来は日中の撮影などでフレア・ゴーストの映り込みを防ぐために使用されますが、結露対策のために夜間撮影でのレンズフード装着もおすすめ。

プロテクトフィルターで結露を緊急回避

プロテクトフィルターを装着しておくことで、もしも結露したとしてもフィルターを取り外すだけで解決できます。(外した後のレンズが結露しないように工夫が必要)

まとめ

霧

なるべく結露は避けたいものですが、冬の季節にはついて回る天敵です。
結露になった時の対策よりも結露しないような対策をとって写真活動を行なっていきたいですね。

結露対策やPROTAGEのレンズヒーターの紹介でした。

最後までお読み頂き、誠に有難うございました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク




-カメラとレンズと撮影機材, 雑記・考察
-, , ,

Copyright© 四国カメラ係 , 2019 All Rights Reserved.